通算22アンダーも5位…松山は“サンデーバック9”に難あり

公開日:  更新日:

【米ツアーCIMBクラシック】

 またしても米ツアー2勝目はならなかった。

 首位と3打差、4位発進から逆転優勝を狙った松山英樹(23)。最終日は5バーディー、ノーボギーの67で回り、通算22アンダーとスコアを伸ばしながら、首位とは4打と差は広がり、5位に終わった。

「(優勝スコアは)25アンダーくらいは行くと思っていた。そこまで伸ばさないと勝ち目はない。勝つためにはバーディーが足りないラウンドだった」(松山)

 優勝したJ・トーマス(22)は2日目に「61」をマークし、2位のA・スコット(35)は最終日に「63」を叩き出した。しかし、松山は初日の「65」が4日間のベストスコア。初日の勢いが続かないのがわかる。

 米ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る