• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ポイント」に不満拡大…松山が年間王者ならブーイング必至

【ツアー選手権】

 大会2日目、1アンダー11位タイ発進の松山英樹(23)は3バーディー、5ボギーの72で回り、通算1オーバー12位タイに後退した。

 今大会はポイント上位選手だけが出場しており、優勝賞金(約1億7820万円)のほかに、年間王者タイトルのボーナス12億円が用意されている。

 出場した28選手全員に年間王者のチャンスがあるが、松山の場合は優勝が絶対条件のため厳しい。

 そして、いま米国内でフェデックスのポイントシステムに疑問の声が上がっている。

 米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏がこう解説する。

「全米プロに勝ってプレーオフ2勝と勢いのあるJ・デイや、メジャー2勝のJ・スピースが年間王者になるのなら、誰もが納得する。ランキング3位のR・ファウラーもプレーオフ2戦目に勝っているから十分に権利があるという見方です。その一方で、初日から首位をキープし、ポイントランク4位のH・ステンソンは今季未勝利。最終戦に勝っただけで、年間王者というのでは一発勝負のギャンブル的要素が大きく、おかしいという声が大きくなっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る