前日も「調子いい」と豪語 ヤクルト山田“3連発”は感性の賜物

公開日: 更新日:

 劣勢ムードを一気に吹き飛ばした。

 27日の日本シリーズ第3戦。ヤクルト山田哲人(23)が、シリーズ史上初となる1試合3本塁打。3打席連発も70年の巨人長嶋茂雄以来の大記録で、チームをシリーズ初勝利に導いた。

「疲れてたのが、ぶっ飛びました。初めてなのでうれしい」とは試合後の本人。「しかし、ボールが飛びますね。クライマックスシリーズ(CS)と全然違う」と調子の良さをうかがわせた。とりわけ3打席目は、剛腕で鳴らす千賀の内角直球を左翼席に叩きこんだ。「(3-1の)打撃カウントだったので、ストレートに絞って1、2、3で思い切っていきました」と読みの鋭さも発揮した。

 山田は打席で感性を重視する。シリーズ開幕直前、「ビデオは見ても、打席に立った感覚が違うので、僕はあまりアテにしない。投手に対するイメージもない。ネクストに立った時に、初球を打つか打たないかは決める」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る