4タコの大ブレーキも ヤクルトは山田の“修正能力”に賭ける

公開日:  更新日:

 14日のCSファイナル初戦。ヤクルトは6安打1得点と、リーグ屈指の強力打線が沈黙し、初戦を落とした。

 今季、3割30本30盗塁のトリプルスリーを達成し、リーグVに貢献した3番の山田哲人(23)が4タコと大ブレーキ。テレビ観戦した他球団スコアラーがこう言った。

「巨人バッテリーが執拗なまでに変化球攻めをしていましたよね。少ない直球はすべて内角、変化球は外角と全投手が徹底していた。山田の体を突っ込ませ、フォームを崩すという意図でしょう。2戦目以降も心配です」

 杉村打撃コーチが「ああいう攻めは(公式戦では)なかなかあり得ない」と言ったのは、初回の無死一、二塁の好機で三飛に倒れた第1打席。

「外に2球続けてシュートのあと、2ボール0ストライクから内角のストレートが来た。ファウルになったあの球を仕留めておかないとな」(杉村コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る