4タコの大ブレーキも ヤクルトは山田の“修正能力”に賭ける

公開日:  更新日:

 14日のCSファイナル初戦。ヤクルトは6安打1得点と、リーグ屈指の強力打線が沈黙し、初戦を落とした。

 今季、3割30本30盗塁のトリプルスリーを達成し、リーグVに貢献した3番の山田哲人(23)が4タコと大ブレーキ。テレビ観戦した他球団スコアラーがこう言った。

「巨人バッテリーが執拗なまでに変化球攻めをしていましたよね。少ない直球はすべて内角、変化球は外角と全投手が徹底していた。山田の体を突っ込ませ、フォームを崩すという意図でしょう。2戦目以降も心配です」

 杉村打撃コーチが「ああいう攻めは(公式戦では)なかなかあり得ない」と言ったのは、初回の無死一、二塁の好機で三飛に倒れた第1打席。

「外に2球続けてシュートのあと、2ボール0ストライクから内角のストレートが来た。ファウルになったあの球を仕留めておかないとな」(杉村コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る