• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4タコの大ブレーキも ヤクルトは山田の“修正能力”に賭ける

 14日のCSファイナル初戦。ヤクルトは6安打1得点と、リーグ屈指の強力打線が沈黙し、初戦を落とした。

 今季、3割30本30盗塁のトリプルスリーを達成し、リーグVに貢献した3番の山田哲人(23)が4タコと大ブレーキ。テレビ観戦した他球団スコアラーがこう言った。

「巨人バッテリーが執拗なまでに変化球攻めをしていましたよね。少ない直球はすべて内角、変化球は外角と全投手が徹底していた。山田の体を突っ込ませ、フォームを崩すという意図でしょう。2戦目以降も心配です」

 杉村打撃コーチが「ああいう攻めは(公式戦では)なかなかあり得ない」と言ったのは、初回の無死一、二塁の好機で三飛に倒れた第1打席。

「外に2球続けてシュートのあと、2ボール0ストライクから内角のストレートが来た。ファウルになったあの球を仕留めておかないとな」(杉村コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る