4タコの大ブレーキも ヤクルトは山田の“修正能力”に賭ける

公開日: 更新日:

 14日のCSファイナル初戦。ヤクルトは6安打1得点と、リーグ屈指の強力打線が沈黙し、初戦を落とした。

 今季、3割30本30盗塁のトリプルスリーを達成し、リーグVに貢献した3番の山田哲人(23)が4タコと大ブレーキ。テレビ観戦した他球団スコアラーがこう言った。

「巨人バッテリーが執拗なまでに変化球攻めをしていましたよね。少ない直球はすべて内角、変化球は外角と全投手が徹底していた。山田の体を突っ込ませ、フォームを崩すという意図でしょう。2戦目以降も心配です」

 杉村打撃コーチが「ああいう攻めは(公式戦では)なかなかあり得ない」と言ったのは、初回の無死一、二塁の好機で三飛に倒れた第1打席。

「外に2球続けてシュートのあと、2ボール0ストライクから内角のストレートが来た。ファウルになったあの球を仕留めておかないとな」(杉村コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る