日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

辞任示唆がまさかの“昇格” 巨人村田ヘッドが語る翻意の真相

――そんな青年監督を支える参謀役だから責任は重い。新監督に代わってサインを出すこともあるのか?

「サインは監督が出す。でも、(監督業が)初めてなわけだから、迷った時は『監督! ここはこういう手もあります』って助言ができるようにしたいと思っている」

――秋季キャンプは打撃練習が中心。貧打は解消できる?

「テーマは個の力を上げること。秋は打つだけでいい選手もいる。例えば(橋本)到あたりはそうだろう。打つだけでいいくらい。でも、岡本は守備の練習も必要。メニューは選手によってそれぞれ違う」

――そもそも巨人打線がここまで打てなかった要因は?

「いろいろあるけど、シーズン序盤からケガ人が出た。(阿部)慎之助、(坂本)勇人、村田。あとは相川や片岡……。みんな(周囲は)巨人は層が厚いって言うけど、決して厚くはない。みんなでそこをカバーできなかった。その辺が課題やな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事