3度目最優秀監督賞のカブス指揮官マドンは給料もケタ外れ

公開日: 更新日:

 今やメジャーを代表する指揮官として君臨しているのが、カブスのジョー・マドン監督(61)だ。

 17日(日本時間18日)にはレンジャーズ・バニスター監督とともに今年の最優秀監督賞に選ばれ、レイズ時代の08、11年に次ぐ3度目の栄誉を手にした。

 新人王ブライアント内野手(23)ら若手を起用しながら育て、就任1年目にして2年連続地区最下位だったチームを、リーグ優勝決定戦まで導いた。

 今ではメジャーで常識になった極端な守備シフトを、いち早く取り入れたことで知られる。満塁の場面で敬遠を指示するなど、既成概念にとらわれない采配を振る。

 レイズ時代にマドン監督の下でプレーし、08年のリーグ優勝に貢献した岩村明憲(現BCリーグ福島選手兼監督)によれば、起用法や戦術に不満を抱く選手とは膝を突き合わせて納得するまで話し合った。意外にも全体ミーティングはほとんどやらない。マドン監督が目指す野球を理解させるため、監督室で個人面談を行い、技術的なアドバイスやチーム方針、戦術を個々にレクチャーする。岩村は指揮官の意図を確認するため、何度も監督室のドアをノックしたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  2. 2
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 3
    苦労人の巨人元ドラ1堀田賢慎「5年目の覚醒」はなぜ起きた...背後にいる5人の重要人物

    苦労人の巨人元ドラ1堀田賢慎「5年目の覚醒」はなぜ起きた...背後にいる5人の重要人物

  4. 4
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  5. 5
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  1. 6
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 7
    ドジャース大谷が「12億円豪邸」を購入したワケは? 通勤や将来の子育てに最適の声も

    ドジャース大谷が「12億円豪邸」を購入したワケは? 通勤や将来の子育てに最適の声も

  3. 8
    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    高橋一生を落とした森川葵 「公開告白」の意外なメリット

    高橋一生を落とした森川葵 「公開告白」の意外なメリット