3度目最優秀監督賞のカブス指揮官マドンは給料もケタ外れ

公開日:  更新日:

 今やメジャーを代表する指揮官として君臨しているのが、カブスのジョー・マドン監督(61)だ。

 17日(日本時間18日)にはレンジャーズ・バニスター監督とともに今年の最優秀監督賞に選ばれ、レイズ時代の08、11年に次ぐ3度目の栄誉を手にした。

 新人王ブライアント内野手(23)ら若手を起用しながら育て、就任1年目にして2年連続地区最下位だったチームを、リーグ優勝決定戦まで導いた。

 今ではメジャーで常識になった極端な守備シフトを、いち早く取り入れたことで知られる。満塁の場面で敬遠を指示するなど、既成概念にとらわれない采配を振る。

 レイズ時代にマドン監督の下でプレーし、08年のリーグ優勝に貢献した岩村明憲(現BCリーグ福島選手兼監督)によれば、起用法や戦術に不満を抱く選手とは膝を突き合わせて納得するまで話し合った。意外にも全体ミーティングはほとんどやらない。マドン監督が目指す野球を理解させるため、監督室で個人面談を行い、技術的なアドバイスやチーム方針、戦術を個々にレクチャーする。岩村は指揮官の意図を確認するため、何度も監督室のドアをノックしたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る