3度目最優秀監督賞のカブス指揮官マドンは給料もケタ外れ

公開日:  更新日:

 今やメジャーを代表する指揮官として君臨しているのが、カブスのジョー・マドン監督(61)だ。

 17日(日本時間18日)にはレンジャーズ・バニスター監督とともに今年の最優秀監督賞に選ばれ、レイズ時代の08、11年に次ぐ3度目の栄誉を手にした。

 新人王ブライアント内野手(23)ら若手を起用しながら育て、就任1年目にして2年連続地区最下位だったチームを、リーグ優勝決定戦まで導いた。

 今ではメジャーで常識になった極端な守備シフトを、いち早く取り入れたことで知られる。満塁の場面で敬遠を指示するなど、既成概念にとらわれない采配を振る。

 レイズ時代にマドン監督の下でプレーし、08年のリーグ優勝に貢献した岩村明憲(現BCリーグ福島選手兼監督)によれば、起用法や戦術に不満を抱く選手とは膝を突き合わせて納得するまで話し合った。意外にも全体ミーティングはほとんどやらない。マドン監督が目指す野球を理解させるため、監督室で個人面談を行い、技術的なアドバイスやチーム方針、戦術を個々にレクチャーする。岩村は指揮官の意図を確認するため、何度も監督室のドアをノックしたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る