権藤氏が巨人と阪神の新監督に「コーチの見極め方」を指南

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 誰でも最初はそう言うものだ。

 阪神の金本知憲新監督(47)は矢野作戦兼バッテリーコーチを招聘する際、「意見を言わないコーチはダメ。間違ったらこうすべきじゃないか、こうしようと、オレにどんどんなんでも言ってくれ」と要望したという。

 巨人の高橋由伸新監督(40)も、経験豊富な尾花投手コーチの一軍昇格が決まるや、「投手のことは分からないので、お願いします」と権限を委任する意向を示した。

 新監督はとかく、自分の色を出したがる。あっちもこっちも気になり、なんにでも口を出さなければ気が済まない。現場のトップとして全責任を背負うことは、すべてを自分でやることだと気負い、勘違いする。新監督が陥りやすい失敗パターンだが、それを押しとどめるのがコーチの存在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る