• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左肩にリスクも…高橋聡「3年1億5000万円」虎入りの舞台裏

「取りに行くしかないでしょ」

 阪神は23日、中日からFA宣言した高橋聡文投手(32)との入団交渉で契約合意したことを発表。通算401試合で17勝14敗1セーブ、99ホールド、防御率3.38の左腕は、3年総額1億5000万円の条件で来季からタテジマを着ることになった。冒頭は、その一報を聞いた中日OBのコメントだ。

 阪神はすでに、三塁起用が濃厚のマット・ヘイグ(30=ブルージェイズ3A)と基本合意し、12月にも入団が発表される予定だ。今季、3Aで136試合に出場し、打率.338、11本塁打、92打点のスラッガーはおそらく5番を打つはずだ。

 阪神のもう一つの補強ポイントが手薄な中継ぎ陣。特に左腕だ。今季はベテランの加藤(オフに退団)が股関節痛などで戦力にならず、高宮が52試合に登板したものの、使えるコマが足りない。そこで高橋が中日からFAするとすぐに手を挙げたのだが、前出の中日OBはこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事