• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

孫&王なら米国も支持 ソフトBに「メジャー球団買収」構想

 パ・リーグの首位を独走するソフトバンク。9日の日本ハム戦も13-2と圧勝した。9月上旬にもかかわらず、すでに優勝へのマジックナンバーは「8」。2位日ハムに12.5ゲーム差をつけており、あっさりCSを突破して、弱いセ・リーグ相手のシリーズ連覇も堅いだろう。

 となれば、球団を保有して11年になる孫正義オーナー(58)も、いよいよ球団運営に魅力を感じなくなるのではないか。

 実は今、にわかに経済界で囁かれているのが、孫オーナーのメジャー球団買収だ。

 孫オーナーはかねて「アメリカに事業展開をしている以上、(メジャー球団買収を含め)いろいろと考えている」と語っている。昨年、ニューヨーク・ポスト紙を含めた米複数メディアが、ジーター(元ヤンキース)のレイズ買収の可能性を報じた際、松井秀喜氏(元ヤンキース)とともに、孫オーナーが共同経営候補のひとりではないかと取り沙汰された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る