孫&王なら米国も支持 ソフトBに「メジャー球団買収」構想

公開日: 更新日:

 パ・リーグの首位を独走するソフトバンク。9日の日本ハム戦も13-2と圧勝した。9月上旬にもかかわらず、すでに優勝へのマジックナンバーは「8」。2位日ハムに12.5ゲーム差をつけており、あっさりCSを突破して、弱いセ・リーグ相手のシリーズ連覇も堅いだろう。

 となれば、球団を保有して11年になる孫正義オーナー(58)も、いよいよ球団運営に魅力を感じなくなるのではないか。

 実は今、にわかに経済界で囁かれているのが、孫オーナーのメジャー球団買収だ。

 孫オーナーはかねて「アメリカに事業展開をしている以上、(メジャー球団買収を含め)いろいろと考えている」と語っている。昨年、ニューヨーク・ポスト紙を含めた米複数メディアが、ジーター(元ヤンキース)のレイズ買収の可能性を報じた際、松井秀喜氏(元ヤンキース)とともに、孫オーナーが共同経営候補のひとりではないかと取り沙汰された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  6. 6

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る