日本バド史上初 桃田賢斗&奥原希望が単アベック優勝

公開日: 更新日:

 バドミントンのスーパーシリーズ年間上位8人によるファイナル(UAE・ドバイ)は13日、各種目の決勝を行い、シングルス男子が桃田賢斗(21=NTT東日本)、同女子は奥原希望(20=日本ユニシス)がともに初優勝した。

 日本勢が同大会のシングルスを制したのは初めてのこと。昨年、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)の優勝に続く快挙だ。

 世界ランキング5位の桃田は同6位のビクター・アクセルセン(デンマーク)を頭脳的なプレーを駆使してストレートで退けた。

 一方、同9位の奥原は同8位でロンドン五輪銀メダリストの王儀涵(中国)相手に終始、劣勢を強いられた。第1ゲームでは7連続ポイントを奪われるなど、苦戦を強いられたが、第2ゲームは粘り強いラリーで振り切った。奥原もストレート勝ちで頂点に立った。

 試合を決めるショットが相手のコートに落ちた瞬間、あおむけになって床に倒れ込んだ奥原は「今までメダルと言っても現実味がなかったけど一歩近づけた」と笑顔を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  7. 7

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

もっと見る