女子W杯 高梨沙羅が「ジャンプ台記録」連続更新で2勝目

公開日: 更新日:

 ノルディックスキー女子ジャンプのW杯(ロシア・ニジニタギル)は13日、個人第3戦(HS97メートル、K点90メートル)を行い、高梨沙羅(19)が1回目98メートル、2回目には最長不倒の99メートルを飛んで、いずれもトップの得点で合計257.1点で今季2勝目。1回目で更新したニジニタギルのジャンプ台記録を、2回目であっさりと塗り替えた。

 12日の第2戦は2回目で失速して逆転負けで2位に終わった。この日は飛距離を伸ばしたのに加えて着地も完璧に決めただけに、飛躍を終えると珍しくガッツポーズ。スタンドからの「沙羅コール」に笑顔で手を振りかえす余裕も見せた。

 今季、2季ぶりの女王の座奪還を目指す高梨のジャンプが安定してきた。

 なお、葛西紀明の教え子である伊藤有希(21)が92メートル、91.5メートルの233.1点で2位に入った。

▽高梨の話「1回目は少しタイミングが遅れたが、踏み切りで力を伝えられた。(着地の)テレマークが決まったことが何よりもうれしかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る