• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子W杯 高梨沙羅が「ジャンプ台記録」連続更新で2勝目

 ノルディックスキー女子ジャンプのW杯(ロシア・ニジニタギル)は13日、個人第3戦(HS97メートル、K点90メートル)を行い、高梨沙羅(19)が1回目98メートル、2回目には最長不倒の99メートルを飛んで、いずれもトップの得点で合計257.1点で今季2勝目。1回目で更新したニジニタギルのジャンプ台記録を、2回目であっさりと塗り替えた。

 12日の第2戦は2回目で失速して逆転負けで2位に終わった。この日は飛距離を伸ばしたのに加えて着地も完璧に決めただけに、飛躍を終えると珍しくガッツポーズ。スタンドからの「沙羅コール」に笑顔で手を振りかえす余裕も見せた。

 今季、2季ぶりの女王の座奪還を目指す高梨のジャンプが安定してきた。

 なお、葛西紀明の教え子である伊藤有希(21)が92メートル、91.5メートルの233.1点で2位に入った。

▽高梨の話「1回目は少しタイミングが遅れたが、踏み切りで力を伝えられた。(着地の)テレマークが決まったことが何よりもうれしかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る