• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソチ五輪の裏で…ジャンプ高梨沙羅に漏れたチーム内の不満

 実力が抜きんでていると、周囲のやっかみは半端じゃない。女子ノルディックスキージャンプの高梨沙羅(18)がナショナルチームで総スカンを食っていたというのだ。

 何しろ高梨は早くからソチ五輪での金メダル取りが期待され、W杯で優勝するたびに周囲にチヤホヤされてきた。ジャンプでは珍しく個人にスポンサーが付いていることもあり、ナショナルチームとは別に単独行動を取る機会は少なくなかった。

 空港や試合会場には他の選手がマイクロバスに乗り込むのを尻目に、高梨ひとりだけタクシーで移動。宿泊先にしても他の選手がビジネスホテルなのに対し、高梨だけ高級ホテルに泊まるのは珍しくなかったという。

 昨季はW杯で結果を残していたとはいえ、高梨はナショナルチームで最年少。他の選手からすれば、特別扱いされるのは面白いはずがない。ソチ五輪を前に世間の注目は高梨ひとりに集中したことから男子選手の間からも不満の声が漏れていたそうだ。

 高梨はW杯の遠征先で、他の選手から距離を置かれるようになり、次第に孤立するようになった。宿舎ではひとりで食事する姿が頻繁に目撃されている。

 日本中の期待もむなしく、ソチ五輪では4位と惨敗。高梨は試合後に涙を流したが、裏では孤独との闘いもあったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る