ソチ五輪の裏で…ジャンプ高梨沙羅に漏れたチーム内の不満

公開日:  更新日:

 実力が抜きんでていると、周囲のやっかみは半端じゃない。女子ノルディックスキージャンプの高梨沙羅(18)がナショナルチームで総スカンを食っていたというのだ。

 何しろ高梨は早くからソチ五輪での金メダル取りが期待され、W杯で優勝するたびに周囲にチヤホヤされてきた。ジャンプでは珍しく個人にスポンサーが付いていることもあり、ナショナルチームとは別に単独行動を取る機会は少なくなかった。

 空港や試合会場には他の選手がマイクロバスに乗り込むのを尻目に、高梨ひとりだけタクシーで移動。宿泊先にしても他の選手がビジネスホテルなのに対し、高梨だけ高級ホテルに泊まるのは珍しくなかったという。

 昨季はW杯で結果を残していたとはいえ、高梨はナショナルチームで最年少。他の選手からすれば、特別扱いされるのは面白いはずがない。ソチ五輪を前に世間の注目は高梨ひとりに集中したことから男子選手の間からも不満の声が漏れていたそうだ。

 高梨はW杯の遠征先で、他の選手から距離を置かれるようになり、次第に孤立するようになった。宿舎ではひとりで食事する姿が頻繁に目撃されている。

 日本中の期待もむなしく、ソチ五輪では4位と惨敗。高梨は試合後に涙を流したが、裏では孤独との闘いもあったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る