不人気深刻の国内男子プロが女子より賞金稼ぐ不思議

公開日: 更新日:

 国内ゴルフは男女とも今シーズンが終了。来季の日程が発表された。男子ツアーは1試合増の26試合。女子ツアーも1試合増の38試合開催される。

 しかし、両ツアーを取り巻く環境は実に対照的だ。男子ツアーの今季国内大会の入場者数は、前年比4万9965人減の33万6427人で1試合平均1万4018人。女子ツアーは前年比3万1581人増の56万480人。1試合平均は1万5148人と前年比で約6%増えた。女子ツアーは37試合中28試合が3日間大会ということを考えれば、その差は歴然だ。

 視聴率もそうだ。男子ツアーの最終日の平均視聴率が5.1%なのに対し、女子ツアーは5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 男子ツアーより、女子ツアーの方が人気が高いというのに今季の賞金総額は男子ツアーが34億7750万。女子ツアーは33億535万円だった。来季は女子ツアーが1億4650万増、男子ツアーが1250万円増となり、女子ツアーの賞金総額は35億2000万円と、男子ツアーの34億9000万円をわずかながら上回る。それでも試合数、入場者数、視聴率でこれだけ差があるのだから、おかしな話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  8. 8

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  9. 9

    デパート跡地はタワマンか商業施設か 失敗でゴースト化も

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る