理事長選で反対票 貴乃花親方が“裏金顧問”とタッグの謀略

公開日: 更新日:

 改革者の正体見たり、だ。

 当初は何事もなく終わるといわれていた、18日の相撲協会の理事会。主要な議題といえば八角理事長代行の新理事長就任くらいのもの。任期も来年1月末の理事選の人事が反映されるまでの3月までとあって、満場一致で承認されると思われていた。

 ところが、「どうせ来年3月までの任期なら、代行のままでもいいじゃないか」と議論は紛糾。八角親方の新理事長就任は決まったものの、無記名の投票を行い、6対5で可決という接戦だった。

 一部スポーツ紙によれば、反対票を入れた1人は貴乃花理事だという。さらにきな臭いのは、危機管理委員長を務める宗像外部理事が、「代行でも権限は理事長と変わらない。今決める必要はない」と口角泡を飛ばしたことだ。第三者からすれば代行だろうが何だろうが、どちらでも構わない気がするが、ある親方は「貴乃花親方によるクーデターですよ」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  6. 6

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る