日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理事長選で反対票 貴乃花親方が“裏金顧問”とタッグの謀略

 改革者の正体見たり、だ。

 当初は何事もなく終わるといわれていた、18日の相撲協会の理事会。主要な議題といえば八角理事長代行の新理事長就任くらいのもの。任期も来年1月末の理事選の人事が反映されるまでの3月までとあって、満場一致で承認されると思われていた。

 ところが、「どうせ来年3月までの任期なら、代行のままでもいいじゃないか」と議論は紛糾。八角親方の新理事長就任は決まったものの、無記名の投票を行い、6対5で可決という接戦だった。

 一部スポーツ紙によれば、反対票を入れた1人は貴乃花理事だという。さらにきな臭いのは、危機管理委員長を務める宗像外部理事が、「代行でも権限は理事長と変わらない。今決める必要はない」と口角泡を飛ばしたことだ。第三者からすれば代行だろうが何だろうが、どちらでも構わない気がするが、ある親方は「貴乃花親方によるクーデターですよ」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事