北の湖理事長死去で激化 水面下で蠢く角界“後継争い”全内幕

公開日:  更新日:

「ケガをしたときも声を掛けてもらい、励ましてもらった。心からお悔やみ申し上げたい」

 大相撲九州場所で2年ぶりに優勝した日馬富士が23日、13日目に死去した北の湖理事長(享年62)についてこう言った。協会幹部や親方連中もときに涙し、ときに殊勝なコメントを発しているものの、協会内部で実は激しい権力闘争が行われている。協会トップがいなくなったことで、せきを切ったように利権を我が物にしようという動きが活発化しているのだ。ある親方によれば、「露骨なのは九重親方(元横綱千代の富士=60)」だという。

 かつては北の湖理事長の下、事業部長を務めた協会の元ナンバー2。しかし、昨年1月の理事選でまさかの落選という憂き目にあった。それだけに来年1月の理事選で理事に返り咲き、あわよくば北の湖理事長の後任のイスを射止める腹積もりらしい。前出の親方がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る