• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北の湖理事長死去で激化 水面下で蠢く角界“後継争い”全内幕

「ケガをしたときも声を掛けてもらい、励ましてもらった。心からお悔やみ申し上げたい」

 大相撲九州場所で2年ぶりに優勝した日馬富士が23日、13日目に死去した北の湖理事長(享年62)についてこう言った。協会幹部や親方連中もときに涙し、ときに殊勝なコメントを発しているものの、協会内部で実は激しい権力闘争が行われている。協会トップがいなくなったことで、せきを切ったように利権を我が物にしようという動きが活発化しているのだ。ある親方によれば、「露骨なのは九重親方(元横綱千代の富士=60)」だという。

 かつては北の湖理事長の下、事業部長を務めた協会の元ナンバー2。しかし、昨年1月の理事選でまさかの落選という憂き目にあった。それだけに来年1月の理事選で理事に返り咲き、あわよくば北の湖理事長の後任のイスを射止める腹積もりらしい。前出の親方がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る