• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

八角新理事長が誕生も…相撲協会を悩ませる白鵬の“増長”

 日本国籍を持たない力士が、相撲部屋の親方になれないのは周知の事実。それを単なるワガママで覆そうとしているのが横綱白鵬(30)だ。

 国籍は変更しない、しかし親方になりたい白鵬は以前から、「国籍に関係なく親方になれる資格を」と訴えてきた。それを強硬に退けてきたのが「国技の伝統」を重んじる北の湖理事長だが、11月の九州場所中に急死した。

 これでいよいよ、風向きが変わった、あるいは強引に変えようとの魂胆かもしれない。自身の史上最多優勝パーティーに招待するため、さる16日に馳浩文科大臣を訪問。「将来、部屋を持つつもりは?」と聞かれると、我が意を得たりとばかりに、「内弟子も4、5人いる。一代年寄で白鵬部屋をやりたい」とニンマリだ。

 反対派の旗頭はすでに鬼籍に入った。内弟子も抱えているし、後は主張を続けていれば、いつかは既成事実化する――そう白鵬は踏んでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る