• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

角界の“見えない狂気” 元熊ケ谷親方初公判で改めて浮き彫り

 なぜ、逃げなかったのか。その疑問が真っ先に浮かぶ。

 16日に東京地裁で行われた宮城野部屋に所属していた元熊ケ谷親方(元十両金親)の初公判。一般人のマネジャーを金づちで殴ったなどとして傷害罪に問われていた。

 元熊ケ谷親方は「間違いありません」と起訴内容を全面的に認めたが、その常軌を逸した暴力は「傷害」という言葉では物足りない。当初は罰金や罵声だったのが、指とツメの間に針を刺す、金づちで全身を殴打するといった狂気の所業にエスカレートした。元マネジャーの体は下半身を中心に紫色に腫れあがっていたから、「半殺し」と言っても過言ではない。

 しかし、そこに至るまで、逃げようと思うこともあったのではないか。元マネジャーは「自分が逃げたら、宮城野部屋や(所属する)横綱白鵬関に迷惑がかかる」と告白。親方も「辞めるんなら、全員に迷惑をかけて辞めるんだな」と、暴力団まがいの脅し文句を浴びせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る