理事長の跡目争い熾烈 貴乃花理事vs.九重親方で買収合戦

公開日: 更新日:

 5日は相撲協会の仕事始め。八角理事長(52・元横綱北勝海)が職員に訓示し、2016年度カレンダーを買い求めるファンがひっきりなしに国技館を訪れた。

 しかし、めでたいはずの新春にもかかわらず、陰謀をめぐらせているのが貴乃花理事(43=元横綱)と九重親方(60=元横綱千代の富士)だ。2人の視線の先にあるのは、今月末に行われる相撲協会の理事候補選。ある親方が、貴乃花理事の思惑をこう説明する。

「一刻も早く理事長になりたい貴乃花理事が手を組んだのが、くだんの裏金顧問。昨年11月に急逝した北の湖前理事長の側近です。顧問は強力な後ろ盾を、貴乃花は知恵とカネを欲しがっていましたからね。昨年12月の理事会で八角理事長代行が正式に理事長になった時に揉めたのも、顧問の策略が原因です。北の湖が所属していた出羽海一門の理事に、『オヤジが死んで喪に服さなきゃいけない時に、跡目を決める必要があるのか。どうせ1月に選挙があるし、八角は代行のままでもいいだろう』と吹き込んで籠絡した。この理事が理事会で反八角の急先鋒を務めたともっぱらです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る