初アマ横綱モンゴル人大学生 角界では「出世せず」の根拠

公開日: 更新日:

 モンゴル勢に席巻されている大相撲。ついにはモンゴル人の「大学生チャンピオン」まで現れた。

 6日の全日本相撲選手権で、バーサンスレン・トゥルボルド(日大3年)がアマチュア横綱に輝いた。今年で64回目を迎えた同大会において、外国人力士が優勝したのは史上初だ。

 トゥルボルドは照ノ富士逸ノ城と同じく、モンゴルから相撲強豪校の鳥取城北高に留学。指導者のすすめもあってそのまますぐに角界入りはせず、日大に進学した。卒業後は相撲部屋から引く手あまただろうが、一方で角界には「大関、横綱はもちろん、三役すら難しいのではないか」という声もある。

 なにしろ、大卒力士は「うまいが強くない」がお決まり。過去、大学を卒業して横綱に昇進した力士は輪島しかいない。大学相撲はトーナメント制のため、一発勝負で勝てる技術ばかり上達する。プロでは嫌われる、変化やはたきといった小手先の技がそれだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る