心、土俵にあらず…「横審総見」上位陣に覇気ない理由

公開日: 更新日:

 相撲に集中するどころではない。

 大相撲初場所に向けた横審の稽古総見が、25日に相撲教習所で行われた。精力的に相撲を取っていたのは日馬富士鶴竜の2横綱。ともに10番以上を全勝と力強さを見せつけた。

 ところが、上位陣で覇気があったのはこの2人のみ。スロー調整が板についている白鵬は普段にも増して、のんびりムード。四股とぶつかり稽古で胸を出した程度だった。さらに大関陣は稀勢の里が発熱のため欠席。照ノ富士琴奨菊豪栄道はケガを理由に相撲を取らなかった。

 どこか気の抜けた空気が漂っていた稽古総見。ある相撲記者は「無理もない」と、こう話す。

「北の湖前理事長が急死した途端、協会内の権力争いですからね。いくら力士は相撲を取るのが仕事とはいえ、親方衆は腹の探り合いばかりだし、組織そのものが揺らいでいる。相撲に身が入らないのも当然です」

 八角新理事長は「冬巡業から帰ってきたばかりだから」と理解を示したが、そればかりが理由ではなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る