心、土俵にあらず…「横審総見」上位陣に覇気ない理由

公開日: 更新日:

 相撲に集中するどころではない。

 大相撲初場所に向けた横審の稽古総見が、25日に相撲教習所で行われた。精力的に相撲を取っていたのは日馬富士、鶴竜の2横綱。ともに10番以上を全勝と力強さを見せつけた。

 ところが、上位陣で覇気があったのはこの2人のみ。スロー調整が板についている白鵬は普段にも増して、のんびりムード。四股とぶつかり稽古で胸を出した程度だった。さらに大関陣は稀勢の里が発熱のため欠席。照ノ富士、琴奨菊、豪栄道はケガを理由に相撲を取らなかった。

 どこか気の抜けた空気が漂っていた稽古総見。ある相撲記者は「無理もない」と、こう話す。

「北の湖前理事長が急死した途端、協会内の権力争いですからね。いくら力士は相撲を取るのが仕事とはいえ、親方衆は腹の探り合いばかりだし、組織そのものが揺らいでいる。相撲に身が入らないのも当然です」

 八角新理事長は「冬巡業から帰ってきたばかりだから」と理解を示したが、そればかりが理由ではなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る