伸び悩む小林に強い味方 ドラ1桜井が巨人の正捕手決める

公開日: 更新日:

 巨人のドラフト1位ルーキー投手、桜井俊貴(22、立命館大)に熱視線を送る選手がいる。

 前日に入寮した桜井は、神戸出身で大学は京都。初めての東京生活については「不安しかありません」と言った。趣味は「テレビ観賞」だが、「一番好き」だというバラエティー番組は関西限定で関東では見られない。それでも「実家で録画してDVDで送ってもらいます」と言うほど、コテコテの関西人だ。桜井の両親も「先輩で関西出身の方はいるんですか?」と心配していたが、主将の坂本、内海、亀井、岡本ら一大勢力で、その辺の心配は無用。中でも、チーム内でクローズアップされているのが、大阪生まれで同志社大OBの小林誠司(26)の存在だ。

「桜井は立命館大と同じ関西学生リーグの同大を出た小林を頼りにしているみたい。この2校は京都にあって『同立戦』といわれる試合は火花が散る。東京でいう『早慶』のような特別な関係です。右も左も分からない桜井にとって、関西系で同大出身の小林なら話しやすいだろうし、捕手として受けてくれるなら、なおいいでしょう。正捕手争いに挑む小林にとっても、まさに渡りに船な話といえます」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る