日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元ドラ1安達さんが病死…「阪神の歴史」を訃報で振り返る

 7日、元阪神投手の安達智次郎さん(享年41)が病死した。

 安達さんは92年ドラフトで、松井秀喜(元巨人、ヤンキース)の外れ1位で村野工高から阪神に入団。速球派左腕として期待されたが、一軍登板はなく引退。阪神で打撃投手を務めた後、神戸市内で焼酎バーを経営するなどしていた。突然の訃報に関係者はショックを受けている。

 阪神では昨年、中村勝広GM(享年66)が遠征先のホテルで心不全のため亡くなった。安達さんは別としても、阪神の歴史を振り返ると痛ましい訃報が少なくない。

 阪神で79年に22勝を挙げて最多勝を獲得した小林繁さん(享年57)は、10年1月に心筋梗塞で突然死。

 03年のリーグ優勝に貢献した伊良部秀輝さん(享年42)も引退後の11年7月にロスで首を吊って自殺している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事