元ドラ1安達さんが病死…「阪神の歴史」を訃報で振り返る

公開日: 更新日:

 7日、元阪神投手の安達智次郎さん(享年41)が病死した。

 安達さんは92年ドラフトで、松井秀喜(元巨人、ヤンキース)の外れ1位で村野工高から阪神に入団。速球派左腕として期待されたが、一軍登板はなく引退。阪神で打撃投手を務めた後、神戸市内で焼酎バーを経営するなどしていた。突然の訃報に関係者はショックを受けている。

 阪神では昨年、中村勝広GM(享年66)が遠征先のホテルで心不全のため亡くなった。安達さんは別としても、阪神の歴史を振り返ると痛ましい訃報が少なくない。

 阪神で79年に22勝を挙げて最多勝を獲得した小林繁さん(享年57)は、10年1月に心筋梗塞で突然死。

 03年のリーグ優勝に貢献した伊良部秀輝さん(享年42)も引退後の11年7月にロスで首を吊って自殺している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る