「ブルペンの士気心配」 虎安藤ダウン提示にV戦士OB怒り

公開日: 更新日:

「中継ぎの苦労をもっとわかってやってほしいですね」

 中継ぎとして阪神の85年日本一に貢献したOBの福間納氏がこう言った。

 24日に阪神の安藤優也(37)が契約更改を行い、300万円減の8300万円でサイン。今季、中継ぎとして50試合に登板、5勝4敗15ホールド、防御率3.02の成績を残し、3年連続50試合以上登板を果たしただけに、「ダウンは想像していなかった」と声を落とした。

 福間氏が言う。

「僕が現役の頃から、中継ぎはなかなか年俸が上がらなかった。07年に90試合のシーズン最多登板を果たした久保田がその典型。07年は揉めに揉めて自費キャンプ参加となり、08年は2年連続ホールド王になったのにダウンした。今もその流れが続いているのかなと。安藤に限らず、3000万円増の1億5000万円でサインした福原も、もうちょっと上がってもいいくらいです。安藤も3年連続で50試合をクリアしたことをもっと評価してあげてほしい。中継ぎは試合に投げなくても毎日のようにブルペンで肩をつくる。安藤、福原は勝ち試合のリリーフでさらに負担は大きく、打たれたら責任を負わされる立場。今オフは抑えの呉昇桓が退団し、来季は中継ぎの存在がより重要になってくる。ブルペンのモチベーションに響かなければいいのだが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る