金本阪神 課題の得点力アップには“鳥谷の打順”がカギ握る

公開日:  更新日:

 8日、阪神の金本知憲監督(47)が新人合同自主トレを視察。1位の高山俊(明大)らの動きをチェックした。

 その金本監督は「超変革」をテーマに掲げている。課題は得点力のアップだ。昨季、チーム465得点はリーグ最低。昨秋キャンプでは、ファーストストライクから積極的にアプローチすることを選手に求めた新監督の攻撃におけるキーマンになりそうなのが鳥谷の打順である。

 鳥谷は昨季、前任の和田監督の意向で1番起用が多かったが、近年は3番が「定位置」だった。

 某阪神OBは、「攻撃的打順を組むなら2番に置く手もある」と、こう語る。

「昨季、ヤクルトは首位打者を獲得した川端を2番に置いて打線が機能した。バットコントロールが巧みな左打者の川端の犠打はわずか2個。バントで余計なアウトを献上せず、チャンスを拡大した。川端は逆方向にも打てて内野安打も多く(リーグ1位の31本)、併殺打のリスクも少ない。1番打者が倒れても、ファウルで粘って後ろにつなぐ役割も果たし、山田、畠山が打点を挙げる攻撃パターンができた。DeNAが梶谷を2番にすると聞いているが、阪神で適役といえば巧打で走塁技術も高い鳥谷だろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る