金本阪神 課題の得点力アップには“鳥谷の打順”がカギ握る

公開日: 更新日:

 8日、阪神の金本知憲監督(47)が新人合同自主トレを視察。1位の高山俊(明大)らの動きをチェックした。

 その金本監督は「超変革」をテーマに掲げている。課題は得点力のアップだ。昨季、チーム465得点はリーグ最低。昨秋キャンプでは、ファーストストライクから積極的にアプローチすることを選手に求めた新監督の攻撃におけるキーマンになりそうなのが鳥谷の打順である。

 鳥谷は昨季、前任の和田監督の意向で1番起用が多かったが、近年は3番が「定位置」だった。

 某阪神OBは、「攻撃的打順を組むなら2番に置く手もある」と、こう語る。

「昨季、ヤクルトは首位打者を獲得した川端を2番に置いて打線が機能した。バットコントロールが巧みな左打者の川端の犠打はわずか2個。バントで余計なアウトを献上せず、チャンスを拡大した。川端は逆方向にも打てて内野安打も多く(リーグ1位の31本)、併殺打のリスクも少ない。1番打者が倒れても、ファウルで粘って後ろにつなぐ役割も果たし、山田、畠山が打点を挙げる攻撃パターンができた。DeNAが梶谷を2番にすると聞いているが、阪神で適役といえば巧打で走塁技術も高い鳥谷だろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る