日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元近鉄・鈴木氏の体験も 新人研修「賭博問題」講義の全容

「暴力団、反社会的勢力との関わり、賭博、八百長には絶対に手をつけないところからしっかり考えてください。(この研修会で)居眠りなど絶対に許しません!」

 12日に都内で行われたNPBの新人研修会の冒頭、熊崎コミッショナーが強い口調でこう言った。

 例年とは色合いが違った今年の研修会。昨年、巨人の福田、笠原、松本竜の3人が野球賭博で無期失格となったことを受け、暴力団や、賭博に関わる講義に多くの時間が割かれた。

 暴力団については毎年、プロ野球暴力団等排除対策協議会の顧問弁護士が実態について説明をするが、今回は「やつらはロクでもないやから。泥水のように入り込む。泥水なんです」といつになく強い言葉で強調。新たな試みとして、八百長、賭博を禁じる「有害行為について」と題された30分間の講義も加えられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事