惚れた巨人も戦々恐々 創価大・田中“強奪”をメジャー計画

公開日: 更新日:

 そんな規則に縛られないメジャ-はその3、4倍もの大金をポンと提示する。しかも今回は大学生。限りなく即戦力に近い完成度を誇る田中の場合はどうなるか。

「09年の全米ドラフトで全体1位でナショナルズに指名された大学生のストラスバーグは史上最高額の4年15億円で契約した。もし、田中に同じような額が用意されれば、日本球団は太刀打ちできません」(前出のスカウト)

 最近では、メジャー志望を公言していた花巻東の菊池(現西武)と大谷は最終的に日本球界を選択したものの、田中の場合は本人の希望とは別の力が働く可能性もある。

「田中は『創価』という看板を背負って、プロの世界に飛び込むことになる。いわば広告塔の意味合いを持っていることは本人だって承知しているはず。それほどの逸材なら、直接大リーグ挑戦を選択した方がインパクトがある。野球の現場の監督としては、まずは日本のプロからという選択が無難でも、学会の立場からすれば、世界挑戦の方が方針に合いますから」(創価大OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る