惚れた巨人も戦々恐々 創価大・田中“強奪”をメジャー計画

公開日: 更新日:

「メジャーは普通、高校生なら甲子園、大学生なら神宮や東京ドームなどの全国大会をスカウトが視察する程度で“ベタ付き”はしない。それが今回の田中の場合は、東京新大学リーグのリーグ戦どころか、練習試合まで密着するというのです。これから約1年間、日本球団と同じ動きをするわけで、これは花巻東高時代の大谷(現日本ハム)以来となる異例のこと。メジャーの本気度に日本のスカウトは戦々恐々としているのが実情です」

 さらに続けた。

「当時、大谷のいた花巻東が出場するセンバツ甲子園前、調整のために龍谷大平安と練習試合をやった。京都の山奥にある平安のグラウンドまで、大谷見たさにメジャーのスカウトが押し寄せた。あの時は日本のスカウトがザワつきましたね。今回の田中も大谷同様の本気度のようだから、警戒を強めているんです」

■日本は“紳士協定”だけが頼り

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  10. 10

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る