ボルトはリオ後も現役続行へ 東京五輪は200mで新記録狙う

公開日: 更新日:

 世界最速の男が20年東京五輪に出場する可能性が出てきた。

 陸上男子100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)の世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が25日、ジャマイカメディアの取材に対して明らかにした。

 当初はリオ五輪での引退を示唆していたボルト。ここに来て、グレン・ミルズコーチから20年までの現役続行をすすめられているそうで「30歳を過ぎると、トレーニングがきつくなるが、可能であればトライしてみたい」と話した。

 仮にリオ後も現役を続ければ、東京五輪には33歳で出場することになる。4×100メートルリレーも含めて3種目にエントリーするのは厳しいだけに、東京では200メートル一本に絞るという。

「多くの人が自分の勝利と新記録達成を期待してくれている。(東京に出場するなら)200メートルでの19秒切りを目指したい」と、自身の持つ世界記録更新に意欲を見せた。

 東京五輪では日本のサニブラウン(16)の上位進出が早くも期待されているが、ボルトとの一騎打ちは実現するか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る