ボルトはリオ後も現役続行へ 東京五輪は200mで新記録狙う

公開日:  更新日:

 世界最速の男が20年東京五輪に出場する可能性が出てきた。

 陸上男子100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)の世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が25日、ジャマイカメディアの取材に対して明らかにした。

 当初はリオ五輪での引退を示唆していたボルト。ここに来て、グレン・ミルズコーチから20年までの現役続行をすすめられているそうで「30歳を過ぎると、トレーニングがきつくなるが、可能であればトライしてみたい」と話した。

 仮にリオ後も現役を続ければ、東京五輪には33歳で出場することになる。4×100メートルリレーも含めて3種目にエントリーするのは厳しいだけに、東京では200メートル一本に絞るという。

「多くの人が自分の勝利と新記録達成を期待してくれている。(東京に出場するなら)200メートルでの19秒切りを目指したい」と、自身の持つ世界記録更新に意欲を見せた。

 東京五輪では日本のサニブラウン(16)の上位進出が早くも期待されているが、ボルトとの一騎打ちは実現するか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る