女子テニス大坂なおみも 五輪メダル数決める“ハーフの力”

公開日: 更新日:

 テニスの全豪オープン・女子シングルス3回戦で23日、元世界ランク1位で第14シードのビクトリア・アザレンカ(26・ベラルーシ=同16位)と対戦した18歳の大坂なおみ(世界ランク127位)。

 結果は1-6、1-6で敗れ、16強進出こそならなかったが、2回戦では第18シードのエリナ・スビトリナ(21・ウクライナ=同21位)に2-0で快勝。格上相手をパワーで圧倒した。

 1回戦に勝った大坂は、17歳2カ月の沢松奈生子に次ぐ歴代2位の若さで4大大会の初勝利を挙げたが、勝因は最速が200キロを超える高速サーブだった。

 一般の女子選手より20~30キロも速い「200キロサーブ」を打てるのは、大坂が憧れる世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)など、数えるほどしかいない。180センチ・70キロの恵まれた体格とパワーあふれるショットは日本人離れしているが、それもそのはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る