“肉弾戦”上等! U-23日本はMF南野のタフネスでリオ決める

公開日:  更新日:

 リオ五輪アジア最終予選の準決勝が、26日の午後10時30分にキックオフされる。

 勝てばリオ五輪出場の大一番の相手、イラクは優勝候補の最右翼。主力の大半がA代表経験者だ。右サイドFWタリクは17歳で代表デビューを果たし、30試合以上の代表戦をこなしている。1トップのFWカラルもA代表常連。左右両足で強烈シュートが打てる。19歳の新鋭195センチFWアイマンはパワープレー要員として後半途中から登場。空中戦で無類の強さを見せる。

 対する日本は準々決勝イラン戦のように「まずは堅く守って失点ゼロで踏ん張り、相手の足が止まる後半の半ばから勝負をかける」戦法。そこでカギを握るのが、オーストリア・ザルツブルク所属のMF南野拓実(21)だ。

「15年1月にオーストリアに渡り、欧州ならではのハードな当たりにも慣れ、センの細さやソフトなビジュアルとは裏腹に『肉弾戦も全然苦にならない。逆にブッ飛ばしてやりますよ』と言うようになった」(現地を取材する記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る