• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“肉弾戦”上等! U-23日本はMF南野のタフネスでリオ決める

 リオ五輪アジア最終予選の準決勝が、26日の午後10時30分にキックオフされる。

 勝てばリオ五輪出場の大一番の相手、イラクは優勝候補の最右翼。主力の大半がA代表経験者だ。右サイドFWタリクは17歳で代表デビューを果たし、30試合以上の代表戦をこなしている。1トップのFWカラルもA代表常連。左右両足で強烈シュートが打てる。19歳の新鋭195センチFWアイマンはパワープレー要員として後半途中から登場。空中戦で無類の強さを見せる。

 対する日本は準々決勝イラン戦のように「まずは堅く守って失点ゼロで踏ん張り、相手の足が止まる後半の半ばから勝負をかける」戦法。そこでカギを握るのが、オーストリア・ザルツブルク所属のMF南野拓実(21)だ。

「15年1月にオーストリアに渡り、欧州ならではのハードな当たりにも慣れ、センの細さやソフトなビジュアルとは裏腹に『肉弾戦も全然苦にならない。逆にブッ飛ばしてやりますよ』と言うようになった」(現地を取材する記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る