“肉弾戦”上等! U-23日本はMF南野のタフネスでリオ決める

公開日: 更新日:

 リオ五輪アジア最終予選の準決勝が、26日の午後10時30分にキックオフされる。

 勝てばリオ五輪出場の大一番の相手、イラクは優勝候補の最右翼。主力の大半がA代表経験者だ。右サイドFWタリクは17歳で代表デビューを果たし、30試合以上の代表戦をこなしている。1トップのFWカラルもA代表常連。左右両足で強烈シュートが打てる。19歳の新鋭195センチFWアイマンはパワープレー要員として後半途中から登場。空中戦で無類の強さを見せる。

 対する日本は準々決勝イラン戦のように「まずは堅く守って失点ゼロで踏ん張り、相手の足が止まる後半の半ばから勝負をかける」戦法。そこでカギを握るのが、オーストリア・ザルツブルク所属のMF南野拓実(21)だ。

「15年1月にオーストリアに渡り、欧州ならではのハードな当たりにも慣れ、センの細さやソフトなビジュアルとは裏腹に『肉弾戦も全然苦にならない。逆にブッ飛ばしてやりますよ』と言うようになった」(現地を取材する記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る