“肉弾戦”上等! U-23日本はMF南野のタフネスでリオ決める

公開日:  更新日:

 リオ五輪アジア最終予選の準決勝が、26日の午後10時30分にキックオフされる。

 勝てばリオ五輪出場の大一番の相手、イラクは優勝候補の最右翼。主力の大半がA代表経験者だ。右サイドFWタリクは17歳で代表デビューを果たし、30試合以上の代表戦をこなしている。1トップのFWカラルもA代表常連。左右両足で強烈シュートが打てる。19歳の新鋭195センチFWアイマンはパワープレー要員として後半途中から登場。空中戦で無類の強さを見せる。

 対する日本は準々決勝イラン戦のように「まずは堅く守って失点ゼロで踏ん張り、相手の足が止まる後半の半ばから勝負をかける」戦法。そこでカギを握るのが、オーストリア・ザルツブルク所属のMF南野拓実(21)だ。

「15年1月にオーストリアに渡り、欧州ならではのハードな当たりにも慣れ、センの細さやソフトなビジュアルとは裏腹に『肉弾戦も全然苦にならない。逆にブッ飛ばしてやりますよ』と言うようになった」(現地を取材する記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る