リオ五輪への命運握る男 U-23遠藤航の“アナクロ主将”ぶり

公開日:  更新日:

 16年リオ五輪出場をかけて男子代表が22日、強豪イランとの準々決勝を迎える。五輪のアジア出場枠は3。準決勝で負けても3位決定戦が残っている。

 しかし、準々決勝の場合は「負けた時点でジ・エンド」。日本時間22日午後10時30分キックオフの準々決勝は、まさに大一番なのである。

 6大会連続出場を目指す日本に「チームはこの男次第」と言われる選手がいる。J1湘南での活躍が評価され、今季から浦和でプレーする主将のMF遠藤航(22)だ。

 横浜出身の遠藤は、中学3年時に湘南のユース(18歳以下)の練習に参加。ユース監督だった曺貴裁・現湘南監督に見いだされ、県立金井高進学と同時に湘南ユース入りした。高校3年でJリーグデビュー。卒業して湘南とプロ契約を交わし、11年シーズンは19歳で主将を務め、チームのJ1昇格の原動力となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る