リオ五輪への命運握る男 U-23遠藤航の“アナクロ主将”ぶり

公開日: 更新日:

 16年リオ五輪出場をかけて男子代表が22日、強豪イランとの準々決勝を迎える。五輪のアジア出場枠は3。準決勝で負けても3位決定戦が残っている。

 しかし、準々決勝の場合は「負けた時点でジ・エンド」。日本時間22日午後10時30分キックオフの準々決勝は、まさに大一番なのである。

 6大会連続出場を目指す日本に「チームはこの男次第」と言われる選手がいる。J1湘南での活躍が評価され、今季から浦和でプレーする主将のMF遠藤航(22)だ。

 横浜出身の遠藤は、中学3年時に湘南のユース(18歳以下)の練習に参加。ユース監督だった曺貴裁・現湘南監督に見いだされ、県立金井高進学と同時に湘南ユース入りした。高校3年でJリーグデビュー。卒業して湘南とプロ契約を交わし、11年シーズンは19歳で主将を務め、チームのJ1昇格の原動力となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  7. 7

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る