釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

U-23日本は「自分たちのやり方」に徹すればイラクに勝てる

公開日: 更新日:

 五輪予選・準々決勝のイラン戦は消耗戦になったけど、日本は特に守備陣がよく頑張ったね。延長に入ってイラン選手の足が止まり、日本は3点ゲット。ジリジリしながらテレビ越しに試合を見ていたサポーターは「どうせゴールを決めるのなら90分のうちに……」なんて言いたくなっただろうね(笑い)。

 いや、負けたらジ・エンドの試合に奮闘し、準決勝進出を果たした監督や選手に対して失礼だった。彼らは本当に頑張ってくれた。

 準決勝(日本時間26日午後10時30分開始)は「勝てば五輪出場」。相手は今大会実力ナンバ―ワンと評価されているイラク。厳しい戦いになるが、1次リーグから見せた“粘り強い”戦いをやれば、日本に勝機は十二分にある。

 使い古された言い方になるが――。とにもかくにも「落ち着いてプレーすること」だね。日本選手は技術もあるし、スタミナもある。守備も強固だし、ボールを回すべき時間帯、セーフティーに大きく蹴り出す局面も分かっている。今大会の日本は、どの国とやっても簡単に負けるチームじゃない。選手たちは自信を持っていい。これまで通りに「自分たちのやり方」に徹すれば勝てる。ボクはそう信じているよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  10. 10

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

もっと見る