釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

U-23日本は「自分たちのやり方」に徹すればイラクに勝てる

公開日:  更新日:

 五輪予選・準々決勝のイラン戦は消耗戦になったけど、日本は特に守備陣がよく頑張ったね。延長に入ってイラン選手の足が止まり、日本は3点ゲット。ジリジリしながらテレビ越しに試合を見ていたサポーターは「どうせゴールを決めるのなら90分のうちに……」なんて言いたくなっただろうね(笑い)。

 いや、負けたらジ・エンドの試合に奮闘し、準決勝進出を果たした監督や選手に対して失礼だった。彼らは本当に頑張ってくれた。

 準決勝(日本時間26日午後10時30分開始)は「勝てば五輪出場」。相手は今大会実力ナンバ―ワンと評価されているイラク。厳しい戦いになるが、1次リーグから見せた“粘り強い”戦いをやれば、日本に勝機は十二分にある。

 使い古された言い方になるが――。とにもかくにも「落ち着いてプレーすること」だね。日本選手は技術もあるし、スタミナもある。守備も強固だし、ボールを回すべき時間帯、セーフティーに大きく蹴り出す局面も分かっている。今大会の日本は、どの国とやっても簡単に負けるチームじゃない。選手たちは自信を持っていい。これまで通りに「自分たちのやり方」に徹すれば勝てる。ボクはそう信じているよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る