言動も超変革? 阪神・鳥谷が自主トレに手応えで饒舌に

公開日: 更新日:

 珍しく冗舌だった。

 阪神鳥谷敬(34)が甲子園室内練習場で自主トレを行い、「ここ数年で一番いい状態でキャンプインできる」と語った。

 金本監督からは「行動、言動、成績すべてでチームを引っ張っていけ」と言われているそうで、「すべての数字で、自分が出してきた数字を超えられたらと思う」と、慎重な発言が目立つ男が言葉で意欲を見せれば、チームスローガンである「超変革」についても、「できるなら全部を変えられたら」と意気込んだ。

 もっとも、昨年のキャンプでは初日から200スイングの特打を行うなど精力的に動き、和田前監督が「一番目立っていた」と言っていた。海外FA権を行使して5年20億円といわれる長期契約を結び、事実上の「生涯阪神」を決断した年だっただけに、周囲は「真のチームリーダーとなるべく、目の色を変えてやっている」と、目を細めた。が開幕直後の右脇腹の故障もあって、打率.281、6本塁打、42打点と物足りない数字に終わった。

 名実ともに野手のリーダーである鳥谷が言葉通り「超変革」することができれば、金本監督が掲げる選手の意識改革は、よりスムーズに遂行されるのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る