• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

繊細なメンタルが仇…松山英樹が初戦でいきなりの予選落ち

【ファーマーズ インシュランス】

 大会2日目にノースC(7052ヤード)より距離が長いサウスコースをプレーした松山英樹(23)。この日もティーショットに苦しみ、前日は入ったパットも決まらない。18番のバーディーパットもカップに蹴られ、2バーディー、6ボギーの通算イーブンパーでホールアウト。73位タイで予選落ちした。

 世界ランク17位につける松山は、毎週優勝候補に挙げられる。だから前週の欧州ツアーに勝った同4位のR・ファウラー、同10位のP・リードという豪華なペアリングになった。

 181センチ、90キロと大型プレーヤーばかりの米ツアーにあっても体格では見劣りしない。だが、メンタル面はすごい繊細だ。ツアー記者が「えっ、と思うぐらいこだわりが強い」とこう解説してくれた。

「ドライバーは8年前のモデルをずっと使い続けています。メーカー担当者は毎年、新製品を持参するのですが、構えてヘッドをほんの数センチテークバックしただけで“芝に擦れる音がイヤ”とダメ出し。ボールを1球も打たないでメーカー担当者も困っています。シューズも特注品で、メーカーのマークが視野に入らないようにかかと寄りにずらしている。マークが気になって集中できないという理由です。クラブから身につける用品まで、本当に神経質なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る