繊細なメンタルが仇…松山英樹が初戦でいきなりの予選落ち

公開日: 更新日:

【ファーマーズ インシュランス】

 大会2日目にノースC(7052ヤード)より距離が長いサウスコースをプレーした松山英樹(23)。この日もティーショットに苦しみ、前日は入ったパットも決まらない。18番のバーディーパットもカップに蹴られ、2バーディー、6ボギーの通算イーブンパーでホールアウト。73位タイで予選落ちした。

 世界ランク17位につける松山は、毎週優勝候補に挙げられる。だから前週の欧州ツアーに勝った同4位のR・ファウラー、同10位のP・リードという豪華なペアリングになった。

 181センチ、90キロと大型プレーヤーばかりの米ツアーにあっても体格では見劣りしない。だが、メンタル面はすごい繊細だ。ツアー記者が「えっ、と思うぐらいこだわりが強い」とこう解説してくれた。

「ドライバーは8年前のモデルをずっと使い続けています。メーカー担当者は毎年、新製品を持参するのですが、構えてヘッドをほんの数センチテークバックしただけで“芝に擦れる音がイヤ”とダメ出し。ボールを1球も打たないでメーカー担当者も困っています。シューズも特注品で、メーカーのマークが視野に入らないようにかかと寄りにずらしている。マークが気になって集中できないという理由です。クラブから身につける用品まで、本当に神経質なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  8. 8

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  9. 9

    オスカー退所の剛力彩芽に復活の兆し セレブが板に付いた

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る