繊細なメンタルが仇…松山英樹が初戦でいきなりの予選落ち

公開日:  更新日:

【ファーマーズ インシュランス】

 大会2日目にノースC(7052ヤード)より距離が長いサウスコースをプレーした松山英樹(23)。この日もティーショットに苦しみ、前日は入ったパットも決まらない。18番のバーディーパットもカップに蹴られ、2バーディー、6ボギーの通算イーブンパーでホールアウト。73位タイで予選落ちした。

 世界ランク17位につける松山は、毎週優勝候補に挙げられる。だから前週の欧州ツアーに勝った同4位のR・ファウラー、同10位のP・リードという豪華なペアリングになった。

 181センチ、90キロと大型プレーヤーばかりの米ツアーにあっても体格では見劣りしない。だが、メンタル面はすごい繊細だ。ツアー記者が「えっ、と思うぐらいこだわりが強い」とこう解説してくれた。

「ドライバーは8年前のモデルをずっと使い続けています。メーカー担当者は毎年、新製品を持参するのですが、構えてヘッドをほんの数センチテークバックしただけで“芝に擦れる音がイヤ”とダメ出し。ボールを1球も打たないでメーカー担当者も困っています。シューズも特注品で、メーカーのマークが視野に入らないようにかかと寄りにずらしている。マークが気になって集中できないという理由です。クラブから身につける用品まで、本当に神経質なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る