松山今季初戦4アンダー8位タイも …不安材料がテンコ盛り

公開日: 更新日:

【ファーマーズ インシュランス】

 2016年初戦を今大会に選んだ松山英樹(23)。初日は6バーディー、2ボギーの68で回り、4アンダー8位と好スタートを切ったが、不満の残る内容だった。

 イン発進のこの日、11番パー4でピン上6メートルからバーディーパットを決め、幸先のいいスタート。14番パー5で3メートル、15番パー4で1メートルの連続バーディーで勢いをつける。だが、17番パー3でグリーンをとらえるも、20メートル近いロングパットから3パットボギー。

 折り返して1番パー5はピン上1・5メートル、3番パー3はピン左1メートル、4番パー4はピンそば3メートルにつけ、バーディーを量産して5アンダーまで伸ばし、一時、単独トップに立った。

 ところが5番パー4で2打目を寄せきれず、ピン手前10メートル以上残すと3メートルオーバーし、この日2つ目の3パットボギー。2オンが可能な9番パー5でも、バーディーを決められず、消化不良のラウンドとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  8. 8

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る