リハビリ理由に悠々自適 SB松坂“米国逃避”に大ブーイング

公開日: 更新日:

「特別扱いもいいところ。何様だって話ですよ」

 ソフトバンクのチーム関係者が松坂大輔(35)について顔をしかめる。

 今季、4年16億円という巨額の契約を結んで日本球界に復帰するも、右肩痛の影響で一軍登板ゼロ。期待を大きく裏切った松坂は、チーム内でも浮いた存在になっているという。

 オープン戦では試合前練習に遅刻して罰金18万円を取られると、3月半ばにインフルエンザを発症。その後、リハビリ組となったが、シーズン中はチームの西戸崎練習場にはほとんど顔を出さず、東京の治療院など全国の医者行脚をする日々。

 8月には「関節唇および腱板クリーニング術」「ベネット骨棘切除術」「後方関節包解離術」と複合的な大手術を受け、以降はリハビリを理由に自宅のある米国に帰国した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る