特打せず守備強化 ヤクルト山田連続トリプル3への“秘策”

公開日: 更新日:

 キャンプ2日目の2日、ヤクルト山田哲人(23)は全体練習を終えると、同僚の西浦とともに室内練習場へ向かった。今季の目標に2年連続トリプルスリーを掲げるスラッガー。てっきり居残り特打で打撃技術に磨きをかけるのかと思ったら、そうではなかった。

 室内練習場で待っていたのは、守備走塁に一家言を持つ三木ヘッドコーチ。始まったのは、「特打」ではなく「特守」である。三木ヘッドはティー打撃用のネットを用意すると、ボールを1つ入れた小さなナイロン製の網袋をその真ん中にくくりつけ、「さあ、やろうか」と声をかけた。

 山田は、三木ヘッドが転がす球をダッシュしながら素手で捕り、くくりつけられたボールを狙って送球。そんな練習を延々と繰り返した。

「ボールの位置は送球の高さの目安です。二塁手が走りながらボールを捕って一塁に送球するには低い位置に投げないと、一塁手は捕球できない。ゴルフでラインを引いてスイング練習するイメージです」(三木ヘッド)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る