特打せず守備強化 ヤクルト山田連続トリプル3への“秘策”

公開日:  更新日:

 キャンプ2日目の2日、ヤクルトの山田哲人(23)は全体練習を終えると、同僚の西浦とともに室内練習場へ向かった。今季の目標に2年連続トリプルスリーを掲げるスラッガー。てっきり居残り特打で打撃技術に磨きをかけるのかと思ったら、そうではなかった。

 室内練習場で待っていたのは、守備走塁に一家言を持つ三木ヘッドコーチ。始まったのは、「特打」ではなく「特守」である。三木ヘッドはティー打撃用のネットを用意すると、ボールを1つ入れた小さなナイロン製の網袋をその真ん中にくくりつけ、「さあ、やろうか」と声をかけた。

 山田は、三木ヘッドが転がす球をダッシュしながら素手で捕り、くくりつけられたボールを狙って送球。そんな練習を延々と繰り返した。

「ボールの位置は送球の高さの目安です。二塁手が走りながらボールを捕って一塁に送球するには低い位置に投げないと、一塁手は捕球できない。ゴルフでラインを引いてスイング練習するイメージです」(三木ヘッド)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る