連続トリプル3狙うヤクルト山田 達成でも広がる柳田との差

公開日:  更新日:

 昨年の「トリプルスリー」が揃って自主トレを公開した。

 まずはソフトバンクの柳田悠岐(27)。グアムで同僚の松田らと自主トレを行い、「グアムは暖かい。肘の状態もいい」と、昨年11月に行った右肘の手術のリバビリは順調に進んでいる様子。今季は40本塁打、40盗塁の「40-40」というさらなる高みを目指している。

 ヤクルトの山田哲人(23)は松山市内で同じく同僚の川端らと汗を流した。こちらは2年連続のトリプルスリーを目標に掲げており、「今はウエート中心。去年はシーズン終盤に疲れがきたので疲れない体作りを」と、意気込んだ。

 2人は昨オフ、年俸が大幅に上がった。柳田は9000万円から3倍増の2億7000万円で、山田は3倍増には届かず8000万円からの2億2000万円。同じトリプルスリーで5000万円の大差がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る