小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

電話口から聞こえる松坂大輔の声が明るかった

公開日: 更新日:

 腕に力が入って力んで投げる、いわゆる棒球も多い。脱力しながら軽めに投げてみたり、カーブを投げると修正できる。聞くところによると、これはブルペンなどで行っているようだ。

 心配なのは、手術箇所の右肩だけではない。実は以前から股関節にも違和感を覚えていた。高校時代から柔軟性がなかったし、米国の硬いマウンドの影響で長い間、痛みを感じていたようだ。本人によると、日本球界復帰2年目で、それが消えつつあるという。股関節痛が癒えて下半身が使えるようになれば、全盛期に近い球威が戻る可能性はある。

 電話で「腰が横回転になってるぞ」と指摘すると、「それはボクも分かってるんです」との返答。頭では分かっていても、現実とのギャップがあるようだ。体の状態がいいことで、声のトーンは明るいように感じた。

 変化球はいい。松坂は何といっても直球次第。MAXは150キロ以上欲しいところだが、常時145キロ以上が目安。調子が悪い時に大崩れしないで試合をつくれるかも判断材料になる。ソフトバンクは層が厚い。右肩、股関節の故障を再発させないためにも、無理に開幕や4月に間に合わせようとせず、5、6月の復帰を目指すくらいでいいのではないか。今の段階で完全復活は五分五分とみる。近いうちに宮崎キャンプか、その後の福岡行きを検討しているところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る