• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投球だけじゃない G菅野解禁“魔球”ワンシームの意外な効能

 巨人の菅野智之(26)が14日、宮崎1次キャンプ最終日の紅白戦に先発し、2回を無安打無失点に抑えた。

「制球にばらつきがあった。ただ、やりたいことはできた」と話したエースは、スポーツ紙が「魔球」と書くワンシームを3年ぶりに解禁。二回2死からシュート気味に沈むそのワンシームで吉川を遊ゴロに打ち取った場面を挙げ、「ゲッツーで終わりたい時、左打者の外に逃げていくボールが使えれば、内もワイドも使える。あれが理想形」と充実感をにじませた。

 観戦した長嶋終身名誉監督は「やっぱりいいよな~。実際見てみると球は速いし、14日に今の球が投げられる。巨人でナンバーワンといわれる球を投げていたね」と上機嫌で宮崎を後にすれば、対戦したドラフト2位ルーキーの重信も「球のキレが凄かった。今まで見た中で一番でした」と目を丸くさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る