抗議殺到、選手も不安…急浮上する侍J小久保監督の去就問題

公開日:  更新日:

「朝から抗議電話がかかりっぱなし。回線がパンク寸前だったそうです」

 こう話すのは、さる放送関係者。

 プレミア12の準決勝・韓国戦(19日)での逆転負けから一夜明けた20日、NPBにはファンからの小久保監督(44)批判の声が殺到したという。

「先発の大谷(日本ハム)を1安打11奪三振の好投で85球しか投げていないのに七回で交代させたことや、八回から2番手で登板した則本(楽天)を九回まで引っ張って逆転負けを喫した継投ミスについての声が大半だといいます。いくら監督経験がない小久保監督でも、大事な試合で勝てない勝負弱さを指摘する声、はたまた『小久保監督ではWBCは無理。解任しろ!』という厳しい声もあったようです」(前出の放送関係者)

 すでに代表周辺では、小久保監督の去就問題が急浮上している。さる球界OBは、「優勝できなければ3位も4位も同じ。17年3月のWBC開催まで時間的な余裕がないことから、大会終了後の小久保監督の退任を見据えた動きもチラホラ見え始めてきた」と声を潜める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る