• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドジャース前田に課題…滑る公認球と硬いマウンドに戸惑う

 名門球団のキャンプで新人右腕の投球が注目を集めた。

 ドジャース・前田健太(27)が21日(日本時間22日)、アリゾナ州グレンデールでのキャンプ2日目にブルペン入り。デーブ・ロバーツ新監督、リック・ハニーカット投手コーチの他、ファーハン・ザイディGM、アンドリュー・フリードマン球団社長らキャンプ地入りしているフロント陣が見守る中、主力のグランダル捕手を相手に39球。開幕ローテーション入りを目指すルーキー右腕はワインドアップとセットポジションから速球に加え、カーブ、スライダー、カットボール、ツーシーム、チェンジアップを披露し、首脳陣にアピールした。

 時折、制球を乱すシーンもあったが「いい状態で投げられている。日本(のキャンプ)でもショートバウンドすることはあったので」と気にしていない様子。この日は40球を予定していたが「通訳が球数のカウントを間違えた」と米メディアに対して冗談を交えて対応する余裕も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る