ドジャース前田に課題…滑る公認球と硬いマウンドに戸惑う

公開日:  更新日:

 名門球団のキャンプで新人右腕の投球が注目を集めた。

 ドジャース・前田健太(27)が21日(日本時間22日)、アリゾナ州グレンデールでのキャンプ2日目にブルペン入り。デーブ・ロバーツ新監督、リック・ハニーカット投手コーチの他、ファーハン・ザイディGM、アンドリュー・フリードマン球団社長らキャンプ地入りしているフロント陣が見守る中、主力のグランダル捕手を相手に39球。開幕ローテーション入りを目指すルーキー右腕はワインドアップとセットポジションから速球に加え、カーブ、スライダー、カットボール、ツーシーム、チェンジアップを披露し、首脳陣にアピールした。

 時折、制球を乱すシーンもあったが「いい状態で投げられている。日本(のキャンプ)でもショートバウンドすることはあったので」と気にしていない様子。この日は40球を予定していたが「通訳が球数のカウントを間違えた」と米メディアに対して冗談を交えて対応する余裕も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る