日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドジャース前田に課題…滑る公認球と硬いマウンドに戸惑う

 名門球団のキャンプで新人右腕の投球が注目を集めた。

 ドジャース・前田健太(27)が21日(日本時間22日)、アリゾナ州グレンデールでのキャンプ2日目にブルペン入り。デーブ・ロバーツ新監督、リック・ハニーカット投手コーチの他、ファーハン・ザイディGM、アンドリュー・フリードマン球団社長らキャンプ地入りしているフロント陣が見守る中、主力のグランダル捕手を相手に39球。開幕ローテーション入りを目指すルーキー右腕はワインドアップとセットポジションから速球に加え、カーブ、スライダー、カットボール、ツーシーム、チェンジアップを披露し、首脳陣にアピールした。

 時折、制球を乱すシーンもあったが「いい状態で投げられている。日本(のキャンプ)でもショートバウンドすることはあったので」と気にしていない様子。この日は40球を予定していたが「通訳が球数のカウントを間違えた」と米メディアに対して冗談を交えて対応する余裕も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事