広島に大打撃…開幕投手候補の大瀬良が原因不明の離脱

公開日:  更新日:

 穴を埋めるどころか、さらに広がった。

 右ひじ違和感の検査のため22日に沖縄を離れた広島の大瀬良大地(24)。本人は「多分、大丈夫です」と気丈に話したが、代表入りが決まっていた侍ジャパンの強化試合を辞退。精密検査が必要とあって、開幕も絶望視されている。

 広島はオフに昨季リーグ最多の15勝を挙げた前田健太(27)が、ドジャースに移籍。そのエースの穴埋めに期待されたのが大瀬良だった。昨季は不調から中継ぎに回されたが、マエケンの移籍で先発再転向、開幕投手に意欲を燃やしていた。チーム最年長の黒田(41)が、「そういうの(開幕投手)は若手が名乗りを上げるべき」と話したのも、大瀬良を念頭に置いての発言だろう。

 それがすべてパーになりかけているから、チームは大混乱だ。小林投手コーチが、「大瀬良の状態? 俺の口からは言えねえよ」と顔をしかめれば、扇の要である捕手の会沢も「みんなで頑張るだけです」と、硬い表情で話すのみである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る