独ハノーファー2部降格目前 所属日本人3人は代表落ち危機

公開日:  更新日:

 日本代表3選手が大ピンチである。MFの清武、山口、DF酒井宏が所属する独ブンデスリーガ1部ハノーファーが、最下位に低迷して2部降格目前なのだ。

 ハノーファーは日本時間22日、地元にアウグスブルクを迎え撃った。前半のうちに失点したハノーファーは、3カ月半前に骨折して戦線を離脱していた背番号10・清武を後半開始から投入。酒井も右SBでフル出場して奮闘したが、結局0―1のままタイムアップ。泥沼の8連敗となって勝ち点14のまま。残り12試合で1部に残留できる15位フランクフルトとは、勝ち点8の大差がついている。

 試合後、清武は「このまま落ちたら後悔する」と悲壮感丸出し。「残留は大きなタスク」と険しい表情の酒井。もどかしいのは、今冬に移籍しながら出番に恵まれないMF山口。この日はベンチで90分を過ごして「早く出られるようにチャンスをつかまないと……」と言うのがやっとだった。

 ハノーファーが来季2部落ちした場合、日本人3人は「欧州1部でレギュラーを張っている選手を重用するタイプ」のハリルホジッチ代表監督の心証を害する。その意味においても3人衆、大ピンチというワケである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る