日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ELポルト戦で躍動も…ドルト香川レギュラー剥奪危機の理由

 独ブンデスリーガ1部ドルトムント所属の日本代表MF香川真司が、欧州リーグ(EL)決勝トーナメント1回戦のポルト戦・第1レグ(日本時間19日午前3時開始)にスタメン出場した。

 トップ下でプレーした香川は後半41分までプレー。チームの2得点の起点になるなど存在感を見せたが、今の香川は、レギュラー剥奪の危機を迎えている。

 今季前半戦、18試合に出場して4得点6アシストの香川。バリバリの主軸選手だった。ところが16年になり、後半戦に突入すると立場は一変した。18節のボルシアMG戦はベンチ入りも出番なし。20節(6日)のベルリン戦では、ついにベンチにも入れなかった。

 新監督トゥヘルは、非常に有能な指揮官として欧州でも高く評価されているが、エキセントリックな頑固者という風評があり、自分で一度こうしたい! と決めたら、周囲が何を言おうと脇目もふらずに押し通すタイプ。トゥヘルは前半戦を2位で折り返すと後半戦から、試合ごとに出場者を入れ替えるターンオーバー制を採用した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事