ELポルト戦で躍動も…ドルト香川レギュラー剥奪危機の理由

公開日:  更新日:

 独ブンデスリーガ1部ドルトムント所属の日本代表MF香川真司が、欧州リーグ(EL)決勝トーナメント1回戦のポルト戦・第1レグ(日本時間19日午前3時開始)にスタメン出場した。

 トップ下でプレーした香川は後半41分までプレー。チームの2得点の起点になるなど存在感を見せたが、今の香川は、レギュラー剥奪の危機を迎えている。

 今季前半戦、18試合に出場して4得点6アシストの香川。バリバリの主軸選手だった。ところが16年になり、後半戦に突入すると立場は一変した。18節のボルシアMG戦はベンチ入りも出番なし。20節(6日)のベルリン戦では、ついにベンチにも入れなかった。

 新監督トゥヘルは、非常に有能な指揮官として欧州でも高く評価されているが、エキセントリックな頑固者という風評があり、自分で一度こうしたい! と決めたら、周囲が何を言おうと脇目もふらずに押し通すタイプ。トゥヘルは前半戦を2位で折り返すと後半戦から、試合ごとに出場者を入れ替えるターンオーバー制を採用した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る