マエケン初登板は3月6日 ドジャース因縁のDバックス戦に

公開日:  更新日:

 ルーキー右腕のオープン戦初登板が決まった。

 ドジャースのリック・ハニーカット投手コーチは23日(日本時間24日)、キャンプ地アリゾナ州グレンデールで前田健太(27)の実戦初登板について「(オープン戦)3戦目のダイヤモンドバックス(Dバックス)戦になる」と明らかにした。当日は2イニング、30球をメドに投げるという。

 相手のDバックスは主砲ポール・ゴールドシュミット内野手を筆頭に強打者がずらりと顔を揃え、昨季のチーム総得点720はリーグ2位と破壊力抜群だ。このオフは前田取りに最も熱心だったが、ドジャースのエース右腕ザック・グリンキーをFAで補強。結局、獲得を見送られた因縁の相手でもある。

 この日の前田は今キャンプ2度目のブルペン入りで40球。初日は本塁ベース前でワンバウンドするなど制球を乱したが、全球種を低めに決め安定感を披露。デーブ・ロバーツ監督からは「グッド!」とほめられた。

 2度目の投球練習を終えた前田は「実戦で調整していくので、指のかかりやマウンドへの対応は試合で投げてからになります」とオープン戦登板を心待ちにしている様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る