日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京マラソン惨敗…日本男子の“粘り走法”はもはや時代遅れ

 海外の有力選手が多数エントリーしたため日本選手が上位争いできないことは、はなからわかってはいたが、予想外の結果となったのが28日に行われた東京マラソンだ。

 リオ五輪代表選考会も兼ねていたこのレース。2時間3、4分台のタイムを持つアフリカ勢の先頭集団についていったのは、社会人1年目で初マラソンの村山謙太(23)ただ一人。その村山は22キロすぎにペースダウンすると、第2集団から飛び出した、やはり初マラソンの東洋大・服部勇馬(22)が35キロすぎに村山をとらえる。勢いそのままに日本選手のトップでゴールするかと思いきや、40キロを過ぎると息切れ。社会人の高宮祐樹(28)や青学大の下田裕太、一色恭志らに抜かれて結局全体12位(日本人4位)だった。

 優勝は2時間6分56秒のF・リレサ(エチオピア)。気温が約17度にまで上昇し、上位陣のタイムは遅くなっても7位までは海外勢がズラリ。一方、日本人1位は一般参加の高宮(全体8位)。2位(同10位)、3位(同11位)は青学大の2人という大番狂わせだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事