東京マラソン惨敗…日本男子の“粘り走法”はもはや時代遅れ

公開日:  更新日:

 海外の有力選手が多数エントリーしたため日本選手が上位争いできないことは、はなからわかってはいたが、予想外の結果となったのが28日に行われた東京マラソンだ。

 リオ五輪代表選考会も兼ねていたこのレース。2時間3、4分台のタイムを持つアフリカ勢の先頭集団についていったのは、社会人1年目で初マラソンの村山謙太(23)ただ一人。その村山は22キロすぎにペースダウンすると、第2集団から飛び出した、やはり初マラソンの東洋大・服部勇馬(22)が35キロすぎに村山をとらえる。勢いそのままに日本選手のトップでゴールするかと思いきや、40キロを過ぎると息切れ。社会人の高宮祐樹(28)や青学大の下田裕太、一色恭志らに抜かれて結局全体12位(日本人4位)だった。

 優勝は2時間6分56秒のF・リレサ(エチオピア)。気温が約17度にまで上昇し、上位陣のタイムは遅くなっても7位までは海外勢がズラリ。一方、日本人1位は一般参加の高宮(全体8位)。2位(同10位)、3位(同11位)は青学大の2人という大番狂わせだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る