日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ローテ入りに前進 ヤクルト1位・原樹理に「小川塾」の成果

「最近、ブルペンの状態が良くなかったが、試合で打者と勝負して勝負勘が鈍らずホッとした」

 ヤクルトのドラフト1位・原樹理(東洋大)が3日のDeNA戦に先発。粘りの投球で4回4安打無失点と好投。チームの6戦目にしてオープン戦初勝利に貢献し、真中監督も「走者を出してからも落ち着いていて、内容のある投球だった」と評価、開幕ローテ入りに一歩前進した。

 1月の新人合同自主トレ。与えられたメニューをこなしながら、同じ施設で黙々とトレーニングする先輩選手の姿に目を奪われた。右腕エースの小川泰弘(25)である。

 原は東洋大時代、ひたすら投げ込みの練習を課され、トレーニングメニューについては自ら考案して取り組んだという。そこで参考にしたのが小川だった。アップ、ストレッチ方法をメディアを通じて学んだ。バランスディスクを使ったトレーニングも、小川を真似たものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事