ローテ入りに前進 ヤクルト1位・原樹理に「小川塾」の成果

公開日:  更新日:

「最近、ブルペンの状態が良くなかったが、試合で打者と勝負して勝負勘が鈍らずホッとした」

 ヤクルトのドラフト1位・原樹理(東洋大)が3日のDeNA戦に先発。粘りの投球で4回4安打無失点と好投。チームの6戦目にしてオープン戦初勝利に貢献し、真中監督も「走者を出してからも落ち着いていて、内容のある投球だった」と評価、開幕ローテ入りに一歩前進した。

 1月の新人合同自主トレ。与えられたメニューをこなしながら、同じ施設で黙々とトレーニングする先輩選手の姿に目を奪われた。右腕エースの小川泰弘(25)である。

 原は東洋大時代、ひたすら投げ込みの練習を課され、トレーニングメニューについては自ら考案して取り組んだという。そこで参考にしたのが小川だった。アップ、ストレッチ方法をメディアを通じて学んだ。バランスディスクを使ったトレーニングも、小川を真似たものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る