G内海が炎上6失点…由伸監督の信頼グラリでローテ落ち危機

公開日: 更新日:

 巨人内海哲也(33)が炎上した。

 6日、阪神との試合でオープン戦初先発。三回にゴメスの中前適時打で同点に追いつかれると、四回は先頭の狩野から6連打を浴びるなど5失点のメッタ打ち。4回10安打6失点でマウンドを降りた。

 前回より直球の球速が130キロ台後半に上がったことで「(球威を)過信してしまった。コースを狙っていかないと。(次は)細かい制球を意識していきたい」と反省した内海はそれでも、「前回よりは良かった。段階は踏めている」と気丈だった。

 開幕ローテーションは、菅野、ポレダ、高木勇、桜井の4人が内定。あと2枠を争う立場ながら、5番目は内海が濃厚とみられていた。高橋由伸監督(40)は就任以来、期待する投手として「菅野、内海が中心にならないと強いチームはつくれない」と繰り返してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る