日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

G内海が炎上6失点…由伸監督の信頼グラリでローテ落ち危機

 巨人の内海哲也(33)が炎上した。

 6日、阪神との試合でオープン戦初先発。三回にゴメスの中前適時打で同点に追いつかれると、四回は先頭の狩野から6連打を浴びるなど5失点のメッタ打ち。4回10安打6失点でマウンドを降りた。

 前回より直球の球速が130キロ台後半に上がったことで「(球威を)過信してしまった。コースを狙っていかないと。(次は)細かい制球を意識していきたい」と反省した内海はそれでも、「前回よりは良かった。段階は踏めている」と気丈だった。

 開幕ローテーションは、菅野、ポレダ、高木勇、桜井の4人が内定。あと2枠を争う立場ながら、5番目は内海が濃厚とみられていた。高橋由伸監督(40)は就任以来、期待する投手として「菅野、内海が中心にならないと強いチームはつくれない」と繰り返してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事