勝手に制度変更も JGTO新副会長・松井功氏に良くない評判

公開日: 更新日:

 日本人初の米ツアー優勝と日本ツアー51勝で永久シードを持つ青木功(73)が、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の新会長に就任した。4人いる副会長のひとりに、2期6年にわたって日本プロゴルフ協会(PGA)会長を務めた松井功氏(74)が入り、青木をサポートすることになった。

 だが、早くも新体制を不安視する声が上がっている。というのも、業界内で松井氏の評判がすこぶる悪いからだ。

「2008年、松井氏のPGA会長任期1年目が終わるころ、知名度と人気の高かった杉本英世プロをPGA会長にしようとする動きがあったのです。そこで当時、70歳だった杉本プロの出馬を何とか阻止しようと、70歳定年制を導入したのが松井さんです。その3年後、今度は定年制を廃止して自分が会長職にしがみつこうと画策したのです。さすがに思惑通りにはいかず、任期満了で退かざるを得なかった過去があり、権力にしがみつくタイプとして知れ渡ったのです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る